07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リンカーンロードバイク買取


| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2009-03-13 (Fri)
久々に皮膚病(水カビ病)になってしまいました。
その記事はこちらですが

なた時の状態です。
DSCF4696.jpgDSCF4698.jpg

そして5日後ほぼ完治です。
DSCF4782.jpgDSCF4781.jpg

頭の部分はまだ少し白くなっていますがこの後2日後には治りました。

ということで今回は肌などを乾かしながら皮膚病を治す方法は取りませんでした。

こうなっても心配ありません。
ただ、エサ食いと温度管理だけ徹底しておけば怖くない皮膚病(水カビ病)
エサ食いを落とさないためにも温度を上げておく。
上げておくというのはエサ食いがよい温度までという意味です。

だとしたらその温度とは??29~32度くらい
はっきりと線は引けませんが27度くらいだとエサ食いが落ちたりしますのでいつもエサを与えるとがっつくくらいの勢いのある温度です。
逆に温度が高すぎることもよくありません。

温度管理が難しいこともありますが上げすぎないように下げすきないように気をつけてください。

↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村

エサ食いを落とさないように気をつければ皮膚病は怖くない!!
もうじき暖かくなりますがまだまだ寒いです。

そんな条件で無加温で飼育するとエサ食いを落とします。
完全に暖かくなるまでヒーターは切らないほうが無難ですよ!!

スポンサーサイト


リンカーンロードバイク買取


| キボシイシガメ | COM(2) | | TB(0) | |
2009-03-08 (Sun)
この記事は自己責任でお願いします。

カメを飼育しているとこんな経験は皆さんあると思います。
まぁないといえばニオイガメなどはこの皮膚が白くなる病気??はないだろうな~~

ということで毎年我が家ではベビーが産まれますがほぼ初期の段階で皮膚が白くなります。
水飼育でセマルハコガメでもミツユビハコガメでもなりました。

ということでまだ未熟なベビーでは普通に起ることだと考えた方がよさそうです。(飼育レベルの低い人?)
ならどうしたらならないか?ですが
ならないことを考えるのではなくなっても治せる知識があればよい!!
これに限ります。
もちろん予防と対策は必要ですが飼育環境がそれぞれちがいますのでこれだという方法はありません。
ただいえることは

① 水を綺麗にする
② 水温を保つ
③ 湿度を保つ

この3点をを気をつければなっても早ければ2日 遅くとも5日くらいで治ると思います。

① ですが私は毎日水を換えています。
ここまでする必要はないのかもしれませんがベビーなので飼育設備も小さくてすむので交換しています。交換しないと糞などが水底に知らず知らずのうちにたまり水質悪化につながると思います。
なのでベビーの時は出来るだけ小さい飼育スペースで管理する方が後々らくです。
300円くらいのプラケでOKではないでしょうか?
もちろんこの時期はヒーターが必要です。サーモ付のヒーターをお勧めします。

② 水温はかなり大事です。
水の管理よりも大事だと思っています。
普通は26度以上あれば大丈夫だと思っておられる方が多いと思いますが?
だったら何度??
28度?30度?32度?
いずれくらいだと調子よく管理できると思いますか?

私の経験とその他の飼育されている方のレポを見るとベビー期は温度高目ということで管理する方がよろしいようですので低くとも30度 高くて32度となります。
32度が上限で33度にするとややどうかな?という感じですので30度前後で管理する方が危なくないと思います。
ちなみに私は30度~31度です。

③ 湿度ですがこれはミズガメに関してはあまり意味ありませんがハコガメニはやや重要度はあがります。ここの皮膚病にはなんら関係はないので書きません。

温度管理がちゃんと出来ていてエサ食いもよければこの皮膚病は怖くないですよ

さてさて我が家のキボシイシガメさんです。
まだ4.4cmと小さいです。
産まれた時期は多分2008年の7~9月の間だと思います。

白くなっちゃいました
DSCF4698.jpgDSCF4696.jpg

あらゆるところの皮膚が白くなっています。
脱皮なの?皮膚病なの?
高頻繁に起ると脱皮と勘違いしそうです。
ちなみにこれは皮膚病のピークを超えています。
これはらは白い皮膚がはがれていきます。

こういうときは皮膚を乾燥気味に管理するといいです。
私はこういうときタッパにほんの少しの水を入れてその中に人工芝ののもを適当にカットしていれます。
これに蓋をして丸1~3日管理します。
蓋には数箇所穴(2mm)を開けます。これで空気の出入りはあります。
湿度もある程度管理できて皮膚もある程度乾燥させられる。
水もほんの少しですが(汚いかもしれませんが)水分補給できるではないかと思います。(水分補給しているかどうかわかりません)
これをしないで全く水を使わずにするともっと早く皮膚病は治ると思います。
その際紫外線、乾燥させるライトはいりません。
やると事故のもとなのでやらないほうが良いと思います。

DSCF4703.jpg

キボシイシガメ、 ニホンイシガメには皮膚病はつき物だと思って厄介だと思っている方がほとんどだと思いますがそんなことないですよ!!

クリックしていただけると更新意欲がわきます。
よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ








この対処さえ間違えなければ育てやすいです。
キボシとニホンイシガメどちらが育てるのに厄介かと聞かれたら私はこう答えます。
ニホンイシガメと・・・・



リンカーンロードバイク買取


| キボシイシガメ | COM(2) | | TB(0) | |
2009-01-29 (Thu)
すっかり自転車ブログになりつつある感じがありますが
ちゃんとカメを飼育しているぞって言うところを書かないといけません。
何といっても毎日エサを与えカメの様子をうかがいこれでいいのだろうか?と思いながら飼育していますからね!!


ということで昨年キボシの耳が腫れてしまったので切開しました。
その後もっとひどくなったか?あるいは治ってしまったか気になりませんか?
ということで結果報告です。

その記事はこちら

ということでその時期のキボシですが
左が12/21 右が1/28です。
DSCF4171.jpgDSCF4517.jpg

画像向かって右は完治、左は手術前より腫れが小さくなっています。
完治とまでか行きませんが時間の問題です。

そしてなんとなく分かってきましたので治療方法を書きます。
急に耳が腫れてきたときは抗生剤&ステロイド入りにリンデロンを耳に塗布すると耳の腫れは収まると思います。
長い間放置して耳が腫れた状態であれば排濃するために切開をお勧めします。
リンデロンもステロイドが入っていますので使い方が重要です。
とりあえず5日間連続で1日1回塗ります。
その後1週間は塗らないで管理です。
その際水につけて管理してもいいですがやはり耳を水につけないほうが良いと思いますのでミズゴケやヤシガラを水に湿らせて30±2度で管理すると腫れは治まり引いてくると思います。
というわけで現時点のほかの角度の耳の状態です。
DSCF4518.jpg

左の耳を良く見てみると切開したところがまだ開いたままになっています。
DSCF4519.jpg

耳の下のほうに少し赤くなっているところが切開した場所です。
これも時間が経つと完全に直ります。

耳が腫れるのは環境の変化や温度変化などがあると思います。
私はキボシは飼育しにくいと散々書いてきましたが良く考えるとポイントさえ押さえれば難しいことはないと思います。
ここ最近キボシを飼育することは簡単になってきました。

もちろんベビーのときは皮膚病(水カビ病)になりやすいですが見つけたら感想気味に管理すると2日で治ります。
水カビ病は普通に起るものだと考えれば怖くありません。
すばやい対処をすれば問題なしです。

今まで飼育してきて思ったことはやはり温度管理が一番重要だと思います。
この温度さえ守っていればエサ食いもよく簡単に管理できると思います。
水に真剣も使ってやるためにこまめの水換えも必要なのかもしれませんが私はそんな風に管理していないので水での心配はないというわけで・・・・・・・・・

最後まで読んでいただきありがとうございました。
クリックしていただけるとうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村

やっとカメねた書きました。
書けかなったわけではないのですが日々管理に追われて更新できませんでした。
また書きますのでまた読んでくださいね!!


リンカーンロードバイク買取


| キボシイシガメ | COM(6) | | TB(0) | |
2008-12-21 (Sun)
キボシって綺麗なのに環境とかストレスがかかるとどうしても耳が腫れちゃう個体がいるんですよね~~。
野外飼育のときは紫外線なども十分浴びてたり出来ていたのでならなかったのに温室で飼育に切り替えてから耳が腫れちゃってきました。
DSCF4171.jpg
左が右よりやや腫れています。
DSCF4170.jpg

ここ数日でここまで大きくなっちゃいました。
困ったものです。

この大きさならまだ様子を見ているだけでよいのでしょうけど今日手術をしないといつできるかわからないのでやりました。
この小ささなので手こずりました。
やってみて思ったのですがまだ何もしないほうが良かったのかな~~って思っています。
耳のところにやや下側を頭方向から首根っこ方向に約1cmカットしました。
切れ味鋭いものでカットしたのですがやっぱり痛かったのではないかと思います。
刃先があたるとピクってなっていましたから・・・・

こうなる前にちゃんと良い環境で飼育しろよって思われると思いますがどうもこちらの地域の水に会わないのかな??って思ったりしますが夏場は野外で飼育していたときはまったくそういう兆候はなかったのにな~~

耳の腫れている所をしごくようにして排濃しましたがあまり膿は出ませんでした。
鮮血がまぁまぁ出ているのでばい菌も入りにくいと思います。
ということで手術終了です。
DSCF4172.jpgDSCF4174.jpg
いくらばい菌は入らないといってもやっぱりちゃんと薬を塗ってやらないといけませんので
抗生剤入り、ステロイド入りの人間様がつかう薬を使いました。

この方法はすでにもう5回しているのでやり方や方法にはなれました。
ただ、首根っこをつかむまで(固定するまで)時間はかかるのです。
固定してからカット→排濃→薬の塗りつけは約1分くらいなものです。
長くなると個体の負担が大きいですからね。

さてさてどうなることやら・・・・
毎日1度薬を塗布して管理です。
やろうと思った理由はエサ食いが落ちたことと、耳が思った異常に腫れちゃったからです。

治って元気になってね!!

こんなことよくやるな~~って思われる方
クリック一蹴りお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ


リンカーンロードバイク買取


| キボシイシガメ | COM(7) | | TB(0) | |
2007-09-30 (Sun)
今日はうれしいことが重なりました。
1つはキボシのベビーを迎え入れたことです。
DSCF0532.jpg

これは予定通りだったのですがやっぱりキボシが来たので1番うれしかったと思います。
でもそれと同じくらいうれしいことがありました。
我が家ではなかなか卵から孵化しませんでした。
卵の種類はセマルハコガメ、ミスジドロガメ、ヒメニオイガメ、カブトニオイガメ、スジクビニオイガメです。
スジクビニオイガメは先日1匹産まれたのでうれしかったですが
まだ大半の卵は孵化しておりません。

それで7/7産卵のセマルもなかなか孵化してこなかったので
昨年同様あきらめかけていました。
しかし、本日9/301匹産まれました。
DSCF0522.jpgDSCF0524.jpg

孵化までの期間が約80日でした。
今年も長かったですがヨークサックはほとんどなく産まれて来て大変元気でした。昨年の個体は弱弱しかったですが今年のこの個体はそんなこと思わせない個体でした。

そしてもう1個孵化しそうです。

→ つづき


リンカーンロードバイク買取


| キボシイシガメ | COM(6) | | TB(0) | |
2007-08-03 (Fri)
以前からキボシが耳の炎症で耳がはれあがっているので病院に連れて行くか悩んでいました。
しかし、ネットで検索すると飼い主自身が自分でやっていると書き込みなどされていたので自分でやってみようと思いました。
我が家のキボシは耳のところとその後方が腫れあがっています。
IMG_4634.jpg

耳を切開後ですがまだ腫れています。

以前に2回ほど病院に連れて行ったのでどれくらい切ったらよいかなとわかっています。
なのでこんな感じできりました。

※あくまで素人治療ですので獣医さんに処置してもらうのがベストです
ということです。 → つづき


リンカーンロードバイク買取


| キボシイシガメ | COM(9) | | TB(0) | |
2007-06-17 (Sun)
今日は嫁の車検の予約にトヨタに行って来ました。
車の状態を見てもらうためには30分必要だったのでアイスコーヒーを飲みながら待っていました。
子供はドラえもんの貯金箱に色を塗って販売店で飾るというイベントに参加していました。
私も暇だったので大人気なく色を塗ってみたくなりました。

ふとひらめきました。
ドラえもんをキボシイシガメに見立てて塗りたくなりました。
塗る前からイメージは完璧でした。
名前もキボエもんと名づけました。

さて取り掛かりました。
黒を塗って黄色いスポットこういうイメージは完璧だったのに・・・・
手をオレンジに・・・・
う、う、うん????
だんだんへんてこになり出来上がりましたところで私の担当の営業マンがいいました。

黒色を使うのは心が病んでると・・・・
あちゃ~~~
確かに黒に黄色いスポット・・・・体に湿疹ができているようになってしまいました。
さてお披露目です。
キボエもんというよりキモイもんとなってしまいました。ちなみにキボシイシガメはこういうカメです。夜空に星をちりばめた黄色いスポットが印象的です。IMG_4277.jpg

→ つづき


リンカーンロードバイク買取


| キボシイシガメ | COM(8) | | TB(0) | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。