06≪ 2006/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2006-07-02 (Sun)
何で野菜作りなのだろう?(スレッドテーマ)
っていうかやっぱりミミズが生成した土は野菜作りに向くはずしかし、まださほどよい土はできていないようである。
しかし、残飯を入れて日にちを明けてみると残飯はなくなっている。
その残飯分の料は増えているはずなのに容積は一緒。
これってごみもでないじゃないの??いいような気がするしかし、土を野菜作りにって思うとだめかもね~

しかし、残飯をごみとして出すよりは断然いいし戸思っています。
ということで今日はミミズコンポストをひっくり返して中の状況を見てみました。kame135

このような状況から始まりました。 → つづき


リンカーンロードバイク買取


| ミミズコンポスト | COM(2) | | TB(0) | |
2006-07-02 (Sun)
今になって改めて言うことはないのですが他のカメとちょっと違うところがる!!
こいつら陸ガメって思ったのは昨年のこと
うちでは夏の終わりごろになると家庭菜園でとてつもなくミニトマトがあまってしまうのです。
私はまさか食べないだろうなって思ったのですがカメ池に投入しました。え?おいしそうに食べているのです。驚きました。
そのころから果物の皮なども与えるようになりました。kame194

しかし、子供はそれを知っていたのです。今年初めて実がなったプチトマトの実をイシガメにやっていたのです。
「おい、おまえら~トマトやっちゃいけないよ~」っていうと「いいじゃん、食べるんだから」だってさ~~
まぁ、いいけど・・・「もうやるなよ~~」っていうと嫁が冷蔵庫からきゅうりを持ち出し「これたべる?」って言い出す始末・・・

ということで → つづき


リンカーンロードバイク買取


| ニホンイシガメ | COM(12) | | TB(0) | |
2006-07-14 (Fri)
とんでもないものを私は発見してしまいました。
それはカメ池の塀として枕木を使っているので
その他にも木材を使用しておりました。湿っていた!!シートの下を覗くと木材にぎっしりシロアリが  
(*ノェノ)キャー 逃げたくなりそうでした~。
このシロアリはどこにでもいるシロアリなのです。
シロアリにも家の柱を食べてしまうものは大きく分けると2種類!!1種類はヤマトシロアリ、もう1種類はイエシロアリです。
後者のほうがコロニー(巣)に数十万匹と多く家をかすかすにしてしまう種、ヤマトシロアリは数千匹~数万匹ということで少なく進行度もゆっくりということだそうです。
どちらにしてもシロアリだったので駆除するものを購入して設置しました。
まずはどちらかを判別するために兵アリと働きアリを鑑別しました。よかったです~~
ヤマトシロアリでした~。しかし、どちらにしても駆除です。
駆除方法もここ最近ではベイト方式が用いられ脱皮不全を起こさせるような薬剤(昆虫成長制御剤)を混入させまたシロアリが好むやわらかい素材を使っておびき寄せるということだそうです。また、この薬剤は犬など動物には害がないので使用しました。
昨日は18:00に帰って22:00までこの駆除と木材を燃やすことに時間を使い、朝は4:45からカメ池の大掛かりなメンテナンスとカメ池の周りにその薬剤を設置してと出勤前まで労働しました。
昨日の夜はつかれきって食事もあまりのどを通らず寝苦しい
朝は早くから労働したので仕事中はくたくたでした。~~

→ つづき


リンカーンロードバイク買取


| その他 | COM(4) | | TB(0) | |
2006-07-15 (Sat)
この間ブログでトマトのことを書いたら結構やっている方がいたり、その記事を見てやったりしている人がいたので私もセマルハコガメにやってみました。結構食べるみたいです。kame206

家は活きエサ以外はカメのえさをやっています。果物はバナナしか食べないと思っていますがその他は与えたことがありません。
野菜類にいたってはやったことがなかったので
トマトを食べている様子を見て「トマト食べるんだ~~」って思いました。
一方キボシイシガメのベビーはカメのえさ(配合飼料)やコイのえさ、ハツをやることがメインなのですがやっぱりエビが大好物です。

あまりやらないのですが今日は奮発しました。 → つづき


リンカーンロードバイク買取


| セマルハコガメ | COM(7) | | TB(0) | |
2006-07-30 (Sun)
土日にかけてキャンプに行ってきました。
場所は家から近い三原市の高坂自然休養村に行きました。
これは8月の家族旅行で魅惑の里で2泊3日のキャンプを行うのでそのデモンストレーション的感覚でのキャンプです。

キャンプ場は無料でオートキャンプです。
ちなみにオートキャンプの定義は
オートキャンプ場とは、テントを設営する場所まで車で乗り付けられるキャンプサイトのこと。車をテントの脇に駐車しておけば、重いキャンピング用品を運ぶ必要も無いし、ピクニック感覚でアウトドアを楽しむことができます。と書いてありました。
行ってみるとサイトごとに区切ることもなくフリーサイトといった感じでした。客は私たちともう1組だけでした。
ということで5組くらい入ればもういっぱいといった感じのところです。
あまり人気がないのでしょうね。もちろん電源はありません。
水洗トイレはまぁまぁ綺麗です。
炊事場は共同でこれは古かったです。
私たちは藤棚のある下にテントとタープを張りました。
松林が中心だったのでやぶ蚊は少なかったです。アブもほとんどいませんでした。アリが非常に多くテントの中に入ってきて夜寝るときに噛まれて目が覚めるということがありました。

ちなみに標高が少し高いせいもあって平地より2度気温が低いです。

まず昆虫で発見できたものがアリですがその次はいろいろなトンボでした。アキアカネ、シオカラトンボ、キイトトンボ、コシアキトンボ、ウスバキトンボがいました。

→ つづき


リンカーンロードバイク買取


| その他 | COM(5) | | TB(0) | |