FC2ブログ
10≪ 2019/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2006-10-01 (Sun)
これを書くにあたってこの限りでもなく、いろいろな方法があります。
私は下記に書くような方法でやりますがベビーは大変弱い固体です。くれぐれも直射日光で矯正甲羅干しをして日射病のようになって死なせたり、水の管理が悪く水カビ病にさせないよう十分に注意をはらって行ってください。
もちろん水カビ病になっても治療の仕方はありますので大丈夫ですが直射日光を当てすぎて干からびた状態=日射病??には絶対させないようにしてください。
ですので9月初旬であれば10~3時は避けての矯正甲羅干しがよいと思います。

ということで9月の初旬はまた違う管理方法を取っていましたが現時点9月中旬から下旬にかけての私なりの管理の方法を書きます。

以前もどこかで書きましたが陸中心の生活をさせています。
注意しなければならない点は乾燥させすぎない、強烈な日光をあたらないようにシェルターや日陰を必ず作る。給水と同時に泳がせることをさせる。エサをやると1日の行程であります。

まず夜はヒーターの付いたプレートをつけて管理しています。
まだ、そこまで寒くならないので(室内最低気温17度)プレートのみの加温です。

kame324


シェルターなどなにもありません。シンプル イズ ベストだと思っています。
日が沈んでから日が昇るまでは室内で管理しています。
その後7時くらいに水に入れて給水をさせます。
それと同時にエサをやります。kame321


日が沈んでから日が昇るまでは室内で管理しています。
その後7時くらいに水に入れて給水をさせます。
それと同時にエサをやります。kame321


その状態を30分くらいキープさせます。エサはあまるほどやります。
その間カメは糞をしますのでこの30分泳がせる=つけると後で糞をする可能性が少なくなるのでベビー期はケージが汚れる頻度が少なくなると思います。
糞って臭いですからね!!
その後雨が降っていない意外は野外カメ池のところで管理します。
鉄板を敷いてその上に水槽(W60×D45×H30)を置いてその中は人工芝(スペースを埋めるため)濡れタオル(乾燥を防いだりシェルターとして活用)、ミズゴケ(湿らせて乾燥を防ぎ&シェルター代わり)で管理しています。kame322

ほとんど1日中日が当たるように管理しています。
もちろんこれでは紫外線が入るし、猫などの敵から守るために網と人工芝をおきます。

kame323


これで仕事に行く前から夕方まで放置です。
もちろん9月初旬は大変温度が上がるので昼間に嫁の強力で給水時間を設けて(10分程度)また同じケージで管理しています。
これを3週間してきましたが問題なく成長しています。
当初は給水は頻繁にしなければ、日当たりがよすぎる、温度が高すぎるなどいろいろ危険性があると思われましたがそれもクリアできているようです。
これからはだんだん寒くなっているのでもちろん紫外線ランプ、保温球を使わなければならないと思います。
kame325

kame326


やっぱり私は来年暖かくなるまでは陸中心で冬越しさせる予定です。
もちろん年を越したあたりから寒さは厳しくなるのでビニールハウス状態で管理する予定です。

関連記事



| 未分類 | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する