FC2ブログ
11≪ 2020/12 ≫01
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2011-02-07 (Mon)
こんばんは~~。


この記事は日曜日の出来事です。

昨日は超筋肉痛で自転車乗らず
というか、かなり霞んでいたのでそのために乗りませんでしたが後からわかったことですが
この霞む現象は
煙霧といい=乾いた微細な粒子が大気中に浮遊し、空気が乳白色に濁ってみえる現象。

だそうです。
まぁいずれにしてもあまりよさそうなものではないので走るのを諦めました。

ということで本日はメンテナンスです。

ロードバイクであれクロスバイクであれすべての自転車はチェーンを掃除する必要があります。

以前チェーンの掃除は中性洗剤か?灯油?専用ディグリーザー?
悩んだわけですが

チェーンクリーナーを使ってディグリーザーではなく

中性洗剤でやってみよう!!
これで終わったわけです。

ということでやってみました。

掃除前のチェーンの状態はこんな感じ。

IMG_0343.jpg

1月は実験をしていましたので正月から注油3回のみで800kmの状態です。

どんだけ放置していたのでしょうね。実験でなければもっと頻繁に注油していたのですがね。

コマもコマ以外のチェーンの側面なども小さいゴミが見えますよね。
これらを取り除く必要がありますね。


用意するものは食器用洗剤のジョ〇と
パークツール サイクロン CM-5 Y-8132 
まぁ専用ディグリーザーを使うともっと汚れ落ちが良いですけどね。 汗








追記

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
2013/05/11
現在ですが未だ同じものを使っております。

チェーンをきれいにするというのは何も油を落とすことではなくゴミを落とすこと
ここでいうゴミは粉塵、路面などから跳ね上げた小石など、そしてスプロケ、チェーンリングなどチェーンが削ってしまったアルミのカスを落とすこと。(理屈から言ってそう考えるべきである)

となると油とくっついているのでそれを取るためには洗ってゴシゴシだと思うわけです。
もちろん灯油はかなり綺麗になりますがチェーンに対しては攻撃性があるので賛否両論だそうです。
私は洗剤とチェーンクリーナーでOKだと思っております。

ただ、油汚れは落ちにくいので専用ディグリザーを使うと綺麗になります。

というわけで下記に書いたように温度を上げて使ってやると油落ちも良くなるということです。


                       以上
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^




あの油汚れに~~~のジョ〇です。

IMG_0344.jpg


ペットボトルに洗剤を適当に入れて水(温度約38度くらいかな)を入れて混ぜました。

洗剤に混ぜる水に関して考えました。

食器をよく洗っている人はわかると思いますが、この時期冷たい水で油がついた食器を洗おうとしても落ちませんよね。
お湯で洗うと落ちる。さらに熱い水温で洗うとかなり綺麗になりますよね。

このチェーンも同じものだと考えたのでまずはお湯(38度程度)でやります。

1度回してこの状態

IMG_0347.jpg
IMG_0346.jpg

汚れも取れていますが今一油がついていますね。
もう少し綺麗にしたかったので今度は水温を上げて(60度以上)1度回します。

1度目よりも細かい汚れが取れました。

IMG_0350.jpg


その後すすぎを2度してこの状態です。

あれ?画像がありません。・・・・

かなり綺麗になったのは言うまでもありません。誰が見ても綺麗だと言ってもらえそうなほどの綺麗さでした。

ということで水温を上げてチェーンクリーナーで回すと油膜まで落ちそうな感じでしたね。

その後ウエスでチェーンに付いた水と汚れを拭き取り、1コマ1コマに注油をした時点で終了です。

今までジャブジャブ水を使って洗剤使ってやる方法より手間はかかってないと思います。

チェーンクリーナーですが洗剤水を適量入れて回すと地面はあまり汚れませんでしたので室内などでも新聞を敷けば問題ないですね。

冬場の寒い時期はこのチェーンクリーナーはありがたいですね。

そして1コマ1コマに注油してウエスで拭き取りながら完了です。



灯油を使わないので完全脱脂はできていませんが不必要な脱脂はいらないのでこれでOK

追記:
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
2013年現時点でムオンを使っております。
その名のとおり無音です。
300km使っても400km使っても音なりはしないですね。良い感じです。
サラサラ系ですがウエットの時もである程度は問題ないです。
これええですよ。

自転車を綺麗に輝かせるのはショールームですね。
これそこらへんのホームセンターに売っている固形ワックスではめんどくさいしカスが残るので不便
液体は垂れるのでめんどくさいですがこれは垂れないしサッとひと拭きで驚きの輝きです。





^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

この方法でよかったのだろうと感じた。
朝は忙しいですから仕事の昼休憩にチェーンの状態をチェック。
コマには油が回っていい感じ。
チェーンの側面は

ん?油膜がない感じがする。
確認するために水滴をたらしてみると

はじかない・・・・


完全に脱脂された状態であり、1コマ1コマに最小限の注油では側面までオイルが回ってない感じです。


ということで何が書きたいか??

パーツクリーナーを使わなくってもこのチェーンクリーナーと中性洗剤とお湯があれば脱脂できる

お湯の温度を間違えなければ油膜を落とすことなくゴミや汚れだけ落とせるということがわかりました。

私は専用ディグリーザーがなくなったので買わなくてはいけないと思っていましたが、この方法が使えるなら買う必要ないと確信しました。
ランニングコストも安いし、時間もかからないので今までより頻繁にチェーンの掃除が出来そうですが基本は注油をベースにしてチェーンの掃除はしますけどね。

さて側面の油膜がないのはこれで良いのでしょうか?

それとも油膜を作るため注油の量を増やして側面に油膜を作った方が良いのでしょうか?


チェーンの側面は錆びさえしなければ良いのであればこのままでもよさそうに思うのですが一応今から注油してみます。

追記:この記事を書いて注油をしようとしたのですが昼間とはちょっと様子が違うようでチェーンの側面内側ほぼ油が回っているようです。まぁいつものように注油します。

さらに追記:注油したらおおおお~~って言うくらい綺麗になりました。
今までチェーンを掃除して注油してきましたがこんなに理想的なチェーンの状態に出来るとは思っても今円でした。ということでこの方法は絶対お勧めです。

ということでこのチェーンクリーナーがあればチェーンを綺麗にすることはでき、灯油も使う必要もなくなりました。

どうでしょうか?私にとってはかなりよい実験となりました。
皆さんも試してみてはいかがでしょうか??










にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ人気ブログランキングへ
↑   ↑    ↑
クリックして頂ければありがたいです。。





関連記事



| 自転車アイテム | COM(26) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する