FC2ブログ
09≪ 2019/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2011-07-06 (Wed)
こんばんは

ちょっとフライング気味ですがオイルの比較をしたいと思います。
私はサラサラ系のチェーンオイルが好きです。

そのため頻繁に注油や掃除をします。
サラサラ系の良いところは粘度が低いので抵抗が減ったり、することが利点だったりしますが詳しいことはよくわからん。

ただ、体感してどうであるかが一番わかりやすいと思っている。

シマノ純正PTFEルブもかなりサラサラ系のチェーンオイルで300km走っても音なりがしないし変速性も悪くない。
基本ドライで走行しますがたまにはウエットの時もある

IMG_1219.jpg



そんな時でも問題なかった。

もうこのオイルで良いかと思っていたがなんと言っても結構手に入りにくかったりする(私には)

なので在庫としてはタクリーノしかなかった。

始めて使ってみて思ったことは
PTFEに比べると注油が難しく感じた。

IMG_1220.jpg

先端を見てみると細くなっているPTFEがよい。
ただ、毎回押して出す方法なので面倒ではあるが必要なだけのオイルを塗布できるのでそれはそれでよかった。

タクリーノは先端が細くない。

最初注油に手こずったが上下さかさまに何度も繰り返すと押さなくてもオイルが少量出る。
これはこれでなれが必要だと思った。ということで慣れれば問題ないかと

さて、注油して思ったことはPTFEよりもさらにサラサラ。

これは抵抗が少なそうだなと感じる。
さらにちょっとでも量が多いとチェーンのコマからたれてしまう。
適量はほんの少しで良いようだ。

タクリーノ ロードチェーンオイル  シマノ PTFE LUBE ボトル入り 100ml




100mlで1500円なので高く感じることがネックだと使う前は思う。


さて注油して走ってみる。
最初はこれと言って感じることはなかったが走行するにしたがってわかることがある。
音なりがほとんどしない。さらに抵抗が少ないのかペダルが軽く感じると書きたいが踏み足が柔らかく感じると書こう。

そして変速性能が上がるのではなく滑らかになる。
6700系のSTIを使っているので今までシフトが重たく感じていたがこれが軽くなった。
これは結構大きい効果じゃないだろうか?
もしかすると気のせいかもしれない。

ただ、兎に角滑らかだ。

さてこのオイルのうたい文句(HPより抽出)

*******************************************************************

走行抵抗も軽いのですが、耐久性も高く少々の激しい雨の中を2~3時間走ってもオイル切れを起こしません。市場に出回っている中では一番性能が高いと自負しております。

まずチェーンオイルは、チェーンリンクの中にオイルが入っていなければ潤滑の意味がないということを認識しましょう。ところがチェーンリンクの中というのは回転しながら圧力もかかるので、一度浸透して中に入ったオイルが遠心力などで外へ逃げ出しやすい構造になっています。つまり外側はオイルで光っていてもリンクの中がカラカラであったなら、走行抵抗も大きいし音成りもするというわけです。
「タクリーノ・ロードチェーンオイル」は粘性が低く走行抵抗が低い上に、「秘密の細工」によって一度リンク内に入ったオイルが外に逃げ出さず、内に留まりやすいよう考えられています。
そうした「リンク内への留まり」が他社では真似の出来ない高性能を生み出す結果となっているのです。

使い方は簡単です。
チェーンを一度、パーツクリーナー等で脱脂してから、1リンクに一滴づつ「タクリーノ・ロードチェーンオイル」を注油してください。少し時間をおきますとリンク内に浸透したオイルが摩擦による金属粒子をともなった汚れを押し出し、表面に黒いオイルが浮き出しますので、ウエス等で拭きとってください。それで完了です。
雨天時やオフロードを除き、500kmに1回の注油をお勧めします。

***********************************************************:

なんとなく使えば使うほどよさがわかってきそうな感じがするし今でもかなり満足の行く体感を得ている。
だったらこの容量で1500円なら私は使い続けるだろうと思う。

感じたことをもう1度書いてみよう。

1、滑らかだ。
2、さらに音なりがなくなった。(これには調整が悪い時でもその音が小さくなったと言うこと)
3、漕いでいる時軽く感じる。


これからはもっと使ってみて確かめなくてはいけないこと。

>激しい雨の中を2~3時間走ってもオイル切れを起こしません

>オイルが外に逃げ出さず、内に留まりやすいよう考えられています。
そうした「リンク内への留まり」が他社では真似の出来ない高性能を生み出す結果となっているのです。

>少し時間をおきますとリンク内に浸透したオイルが摩擦による金属粒子をともなった汚れを押し出し、表面に黒いオイルが浮き出しますので、ウエス等で拭きとってください。それで完了です。
雨天時やオフロードを除き、500kmに1回の注油をお勧めします。

今までここまで体感できるオイルを使ったこと長いように思うがどうだろう?
サラサラ系のオイルが好きな方だまされたと思ってどなたか使ってみてください。

2012年1月
最近はこれを使っています。今までで最高によいチェーン油ですよ。

muon(ムオン)というチェーン油は良い


クリックしていただけると更新意欲がわきます。
よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村










関連記事



| 自転車あれこれ | COM(17) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する