FC2ブログ
09≪ 2019/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2011-07-25 (Mon)
こんばんは~~。

携帯ポンプをいかにして楽に7BAR以上入れるか?にこだわりすぎでしょうかね。w
そして、これで私の自作も完了。これで出先で泣くことはないでしょう。

ただ、ここまでやる意味があったかなかったかは定かではありません。
素直にCo2ボンベを買えばという声も聞こえてきますが、昼間にライドをしない=暇な時間があったということでご理解ください。

今日も画像が多いです。(ゴメンナサイ)

*************************************************************************


日曜日の朝は寒いくらいだったですが昼から暑くなって結局昼間乗るのは自殺行為とみなして
昨日からの携帯ポンプアダプタの自作にいそしむ。

レザインのポンプも手で入れられるが結局疲れたときに7BAR入れるのは無理だろうと言うことで
やはりあの方法を使って入れやすくするしかないかと思ったのでホムセンに出かける。


IMG_1271.jpg

前回の自作でT字の塩ビパイプが目に留まった。
今回はもう1回り小さいものを使う。

これには理由があり高圧になってくればなるほど洗濯バサミがゆがんで外れそうになる。
塩ビパイプが大きくては携帯に邪魔になるという点がかなり気になっていた。

IMG_1332_1.jpg

今回は画像下の内径16mmの塩ビパイプを使ってみる。

さらにT字でなくって横に飛び出たところをカットすることによってポンプのホースが曲がり過ぎないよう、さらに径が小さくなっているのでホース自体が通りにくくなっているという点でカット!!

IMG_1334.jpg
さらに曲げを少なくするために棒ヤスリで内側を削る。
気持ちRが弱くなっただろう。と言うよりもカットしただけでもかなり違う。

でさらに今回買い足したものはこいつら

IMG_1333_1.jpg

イスの滑り止めと傷防止のゴム

これでパイプを地面に押し付けた時、自作アダプタが滑らないようにすることが目的です。


IMG_1335_1.jpg

重量77g

レザインのポンプの径と塩ビパイプの内径が大体同じなので洗濯バサミを使わなくて良くなった。

変わりに塩ビに直接ポンプが当たるのではポンプに傷がついてしまう、滑ってしまうと言う点でポンプ側にもボムをかぶせこちらには穴を開ける。

ほぼこれで予定していた工作は終了。

そして前回のときも感じたことですが何度もポンピングしていたら押す方の手が痛い
この痛さを軽減したいということでこのようにしてみました。

IMG_1339.jpg

これも滑り止め防止のゴム

さてポンピングの準備

こんな様子になります。

IMG_1337.jpg
IMG_1338.jpg


何回ポンピングしたらよいのか改めてやってみた。

200回では7BAR入らなかった。
がここからこのアダプタの本領発揮。

230~250回ポンピングした時点で7.45BAR入る

IMG_1340_20110724153237.jpg


今回使った物はこんな感じです。

LEZYNE(レザイン) PRESSURE DRIVE M  パナレーサー(Panaracer) デュアルヘッド・デジタルゲージ

             



休憩を入れながら時間にして多く見積もって4分(少なく見積もると3分)

まだ入れられるがこれ以上必要でしょうか??
最後の50回くらいの手に掛かる抵抗は終始変わらず。

さらに20~30回ポンピングすれば8BARも嘘じゃない。
手に掛かる抵抗もさほど変わらない。

ということはポンプのすべりが良いためか?
私の自作ポンプアダプタが良いためかのどちらかです。


ただ、女性だと難しいかもしれませんが男性なら必ず7.5BARまでいれらると思っています。

さらにレザインの方にゴムの滑り止めをかぶせたことによって手がほとんど痛くない!!
これは思わぬ副産物だった。
今日は力もそんなに使わず入れられてさらに手も痛くならなかった。

IMG_1339.jpg


ちなみにこの方法でやる時はゴムの蓋を取ってね。
そしてなくさないようにねw
携帯ポンプと塩ビとの間にはゴムが挟んでいる形なのでポンプに傷がつくこともない
これも安心できる点ですね。

IMG_1341.jpg

ここまではよしですが次は携帯性を考えて見ます。

このような大きさになります。
以前より小さい自作アダプタにしたのでよくなると思います。

IMG_1342.jpg

ポンプにはゴムの帽子をかぶせたまま携帯できそうです。(ただ、見た目に悪いかな??)

IMG_1329_2.jpg

自作ポンプアダプタは持ち運ばなければいけないですね。
ただ、マジックテープを使って穴に通してバイクにあるいはバックに固定すれば問題なさそうですね。

どうですか??

同じような携帯のポンプをお持ちの方は流用できると思います。
材料費ですが塩ビパイプ 65円 滑り止め帽子のゴム(4個入りで440円)2個無駄になっています。
そして携帯ポンプの帽子のゴムは65円

正味 350円なり~~。

ただ、77gは重たいかな? 少し大きいかなと言う点がまだまだ考えてもよさそうなところ。
重量はまだ削れそうで50gまでは頑張れるかな~~なんて思っています。

滑り止めゴムも2個残っていますのでもう1個改良版を作ってもよさそうですね。


意外に簡単に出来ましたし手ではかなり頑張らないと7BARはやや無理と言うことでかなり楽に空気を入れられます。
もちろんゲージを持っていれば好きな空気圧に出来ますよ。

良くここまでこだわって作ったね。お疲れさんと思われた方、クリックしていただけると更新意欲がわきます。
よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村



本日走行距離 4km 7月走行距離 1339km








関連記事



| 自作コーナー | COM(10) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する