03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2012-05-15 (Tue)
こんばんは

長々と引っ張ってもいけないのでこの2部が完結となります。

1人旅になってからはブロガーの本領発揮です。

さて現状ですがなかなか疲れが取れません。
というか眠いです。
膝は昨日から痛くないです。
大殿筋、背筋がまだ疲れています。
ストレッチをして筋肉を和らげ中です。


平均速度の内訳は

スタート~PC1まで 平均速度 31.2km/h
スタート~PC2までの平均速度 27.5km/h
スタート~PC3までの平均速度 24.5km/h
スタート~PC4までの平均速度 25.1km/h
スタート~PC5までの平均速度 24.5km/h
スタート~goalまでの平均速度 23.7km/h

でありました。

走行記録ですがガーミン705では私の走行距離は 405km 獲得標高は4200mだったようです。

ルートラボでは400km で獲得標高4000mでしたが距離が伸びているのは迷走(迷子)になったからです。・・・

獲得標高の誤差はわかりません。(トンネルの影響でしょうね)

ガーミンに助けられガーミンに泣かされた感じですね。
これは今回初めてに近い使い方をしたので迷走したんですよね。

何げに私が方向音痴だということもあるみたいです。

そもそもそこは左でしょっていうことろで右に曲がっちゃっていますからね。
こればかりはどうしようもないです。・・・・

さて昨日の続きから書きます。





広島ー鳥取の県境では画像を撮ってもらいました。

brn205.jpg

この時の気温は7度

完璧冬仕様でグローブもを使っているのがわかるでしょ。
上もジャケットですがこの時はインナーに使っていたウインドストップのジャージはサドルバックの中です。
なのでこのあと下りでも全然寒くありませんでした。

PC2通過後

進路を大きく右に曲がり大山へと突入します。

IMG_3490.jpg

ここからダラダラと上っていきます。

どれだけ上っただろう?
こんな風景が目に入ってきました。

IMG_3493.jpg

目指すは大山

IMG_3495.jpg


この橋を渡り(たぶん渡ったと思う)山の中に突入です。

標高が上がるに連れて10%がずっと続きます。
山の中なので風景は変わらず単調なのでここで上りながらツイッターです。
ブロガーでありネットばかりしているのでこれをすることにより気が紛れます。


ここからはツールド大山で見慣れた光景でした。


大山ヒルクライムなう!

オカメさんが反応してくれました。
しばし送受信しながらのヒルクライム

単調な坂もこれでしばし気が紛れました。

まだ道路脇には雪が残っていた。

IMG_3498.jpg

標高782mなう

標高815mなう

どんだけ登るんでしたっけ?
結局1000m位まで上った感じです。

IMG_3499.jpg


大山を見ても綺麗でした。

IMG_3500.jpg

反対側も綺麗でした。

IMG_3501.jpg


1人ぼっちになってからは足を止めて撮影して風景等見ながら走ります。
やっと競技ではなく旅って感じになってきました。

なので画像多いですよ。心して読んでください。

上ったあとは下り~~ですが路面がやや悪いのでブレーキをかけながら走ります。

この時もそうですがブレーキシューをswissstopにしていたおかげで安心感が倍増でした。
それにしても路面悪いな~~。
風も微妙にまだ向かい風かな?

米子から境港まではほぼ直線
ここは横風が強いとふんでいましたが意外とフォーロの風でした。

この時点で14時くらいでまともに座って食べていないので無性に座って食べたい!座って食べたいという欲望に駆られて

pit in

牛丼+卵の画像ありませんがこれだけは撮りましたよ。

IMG_3502.jpg

早い、程々に満足できるうまさ、そして自転車が窓から見えるという利点ですき家で遅いランチ。
やはり座って食べると元気がでますし回復しました。

その後水木シゲールロードが通過点となりますので通過!!

IMG_3503.jpg


ここからは歩いて進みます。

が後ろから来た方に追い抜かれた・・・・

うーんなんとなく悲しいがここは見ることを優先ですのでぐっとこらえて歩いて進みます。

ちなみにブルベはタイムが重要ではありませんからねと付け加えておきます。

IMG_3504.jpg
IMG_3505.jpg

画像がどちらも変ですが気にしないでね。

PC3ではファミマが見つからず見えたファミマを見つけて

本来のPC3である境港外江町店を聞く始末
ここで1kmくらいロス

なんとか付いたPC3であります。
ここではスタッフのカタヤマさんがお出迎えしていただきました。


brn202.jpg

ちょっと前にすき家の牛丼で腹を満たしているのでここは赤コーラで糖分チャージ

IMG_3506.jpg

少しの間雑談をしましてPC4を目指します。


ここまで膝の違和感は酷くならず。
トルクをかけて走るより膝に負担をかけないような走り方をしたからここまで持ったのでしょうね。
膝に違和感を感じた時が後残り320kmありましたからね。

PC3~PC4までは44kmと短かった。

途中こんなジェットコースターのような橋を渡り

IMG_3507.jpg


最高地点で撮影

IMG_3509.jpg

画像では表現できませんが綺麗でした。

その後
IMG_3510.jpg

道路の両脇が海という感じの道路を爆走し

PC4順調にたどり着きここで買ったものをパチリ!!

IMG_3511.jpg

でキューシートを見るとなんだかおかしいぞ?
PC4はローソン

え?ここファミマですけど・・・・・

メチャ焦りました。

あたりを見渡すと100m位先にローソンがあるじゃないか!!

さっき買ったので何が食べたいという訳もなかったのですがこいつを買いました。

IMG_3512.jpg


なんだかな~~
その後さらに西え進み出雲大社前を通過します。

7年前くらいに来たことがあるのですが記憶にのこっていない。

IMG_3513.jpg

こんな感じやったかな~~なんて思いにふけっておりました。
その後西に進み海岸線に出るところの突き当たりで右(南)に進路を取らなくてはいけないのに何故か左(北)へ進路を取る。

やばいな~~いつからこんなに方向音痴になったんだろう。

この時夕日が見えました。

IMG_3515.jpg


さてこの先数キロ走ると島根から広島えと続く峠に向かいます。

PC以外で休憩したのはすき家とこのコンビニだけでした。

ここでも山で補給食がなくなるとやばいので購入。

IMG_3516.jpg


夜間走行に入る前の最後の画像

IMG_3517.jpg

進路を右(飯南)にとります。

ここからは街灯も少なく下手すると全くない状況の山です。

この頃からお尻の皮が痛くなったので持ってきたアソスのクリームを塗り直します。
筋肉疲労を蓄積し大殿筋、背筋が痛いです。
さらに膝周りも酷使できないので
坂はゆっくり上がります。

温度表示が見えるのですが暗闇になった直後で7度でした。
自分の服の装備なら全く問題ない状況です。

この点ではツイッターでアドバイスもらったりして服装に関してはドンピシャでしたが時間が経つにつれて漕げないので心拍が上がらない=寒くなるという悪循環に陥ってしまいます。

さらに国道54号線は道がガタガタで乗っていても気持ち悪いくらい振動が来ます。

ダウンヒルは寒いし路面の悪さで突き上げるしで
自転車に乗りながら乗り物酔いをしたような感じです。

そんな暗闇でも赤名峠でスタッフさんが声をかけてくれます。

頑張れ~~って

私はおぉぉ~~って答えましたよ。

赤名では7度でしたがその手前の山の中では5度だった。

あとから聞くと深夜は3度とか1度とかだったらしいです。


赤名峠を降ると三次市内は9度だったりした。まだ寒いという感じは無かった。

おいらはBUFFでマスクがわりに使っていたので寒さもそれほどではなかった。

そしてPC5で22時を回っていた。

ここで大休憩を取る。
と言っても20分程度。

靴を脱いで足の裏をマッサージ

IMG_3519.jpg

知らない人はなんだろうって言う目で見ていたかどうかは知りません。

ここからはほどない山が2つあります。

1つ目は普通にゆっくりパスできた。
この時点で驚愕の心拍数
上りでも100ちょっと。

もうすでにこのくらいの踏みでしか上がれない。

ゆっくり上がっていると道路脇からはガサガサなっている。

前方をタヌキが2匹通過。

まだ許せる範囲の恐怖。

その次の峠ではキーキーとなく声が
今度はさすがに驚いた。どうやら猿のようだ。

もうこりごりだと感じる。

熊よけの鈴を装備していないのでクマが出てきたらと嫌なことを考える。
そう言われればブリーフィングの時でもクマの話題でたしな~~


2つ目の山の峠も真っ暗闇、峠手前に差し掛かった時右側に神社。

既に時は24時くらい。
人影も見えないが人の話し声が聞こえる。
確かに女の人の会話が・・・・

































る~~~~~~~

背筋が凍りついた。
おいらこのままどうにかなるかと変なことを考えてしまった。
この時ばかりは急にケイデンスが上がってその場から早く立ち去りたかった。

なんだったんだろう~~。
超怖かった~~。

何も出ないでくれそう思いながら上る。

ゴールに近いのにこんな坂を用意するなんて・・・

本当に何か出たらどうするんだ!!

やっぱ自己責任か・・・・


この時ばかりはコースをレイアウトしたスタッフに

何考えとんねん!!

こう思いながら上っていた。


もう心拍をあげる余裕すらないので体も冷え凍えそうだった。

IMG_3518.jpg

時間を見ると残り10分だらずで1時になろうとしている。
ゴールまでの距離は3kmを切っていた。

ここでトータル時間19時間を切ろうという目標ができたので頑張ってみた。
そしてゴール
18時間59分で完走でした。

こんな寒い中スタッフとして頑張っていただいた方に感謝です。

IMG_3524.jpg

ブルベでない限りこれだけの距離走ってこれだけの獲得標高はできない。

もし今度あるときはまったりゆっくりと400kmを走りたいなと思う。


今回は良い経験ができた。
スタッフの方、私に関わった方々に感謝しつつ今回のレポートを終わります。

今回気になったことはこのブルベでレーパン&薄着&指抜きグローブでで参加されていた方は大丈夫だったのかと本気で思う次第です。




クリックしていただけると更新意欲がわきます
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村












関連記事


リンカーンロードバイク買取


| CARRERA MAMAYAMA | COM(21) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する