07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リンカーンロードバイク買取


| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2012-07-30 (Mon)
こんばんは

私のように毎日コツコツ走っているともうこの暑さの中では走りたくない!!

こう思うのであります。
さらに今月は月の半分を夏風邪で過ごし

超低空飛行で墜落スレスレだったんですよね。
しかし、なんとか乗り切れました。

てなことで今日の帰りのジテツウはまったりですよ。
ですが後方からまたつつかれる。
なんだ~~って持ったら原付が僕に話しかけてくる。

あなたなのにというわけでランデブーですよ。
近況を話しながら帰ります。

P7300015.jpg

彼も元気ですね。
ついでなんでトマトとゴーヤも持って帰ってもらいました。

ダベリングしながらこの後彼はライドするとのこと。
僕もそんな元気を出したいなと思うわけですがテンションダダ下がりです。

その理由は突然のトラブルの対応と
嫁が土曜日の昼から

ぎっくり腰でほぼ私が家のこともする羽目に

まぁ持ちつ持たれつなんで頑張りましたよ。
今日も腰の様子は悪くはなってないようなんで安心はしています。

さて本題に移ります。

突然に切れちゃったシフトワイヤー

ちなみにシフトワイヤーの交換時期は2年あるいは1万キロと噂できたことがあります。
私の場合15000kmで断線しました。

IMG_3871.jpg



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ人気ブログランキングへ






まさか自分の物が切れるとは思っていかなったw

これはシマノのSTIの構造上の宿命なのか??

で慌てて分解しますが手ごわかった。
理由は構造を知らないから・・・

そしてここをしっかり読んでやれば簡単であることがわかった。

ST5600系の取り付けやメンテナンス

なるほどこんなところのネジを緩めたところで意味がないことをこの時知った。

IMG_3848.jpg
さらにはこんなところまで

IMG_3851.jpg

これより先を分解しようとすると専用工具で組み立てないといけないのでやらないほうが良いということもこの時わかった。

取り出し方にもやり方があって

riareba-1.jpg

左と右でワイヤーの取り出し位置が違う。

RD側のシフトレバーをトップまで入れてブレーキレバーを握り内側にシフトさせてひねるとワイヤーのエンドが見えて取り出しやすい
この方法でやらないと

取れません!!

IMG_3853.jpg
上記画像は
トップ側にしてブレーキレバーともに引いて内側にひねるとこうなります。

FD側も同じようにレバーをローの位置にしてひねってから抜き取るという構造です。

今回シフトワイヤーだけでよかったんですがブレーキワイヤーも交換しました。

ブレーキワイヤーやシフトワイヤーより太く水が入りにくい構造になっていて尚且つ曲がりがきつくないので全く問題かなった。

というわけで交換にはシフトブレーキレバーをともに引いてひねらないと交換できないのでそれに苦労しました。
ここまでの作業で当然かなりの時間を費やしました。

シフトケーブルは細いので通常のケーブルカッターで良いのですがブレーキケーブルは太かったりするのでよいケーブルカッターがよろしいかと思います。





カッターもバカになりませんがパークツールのはいいらしいのでオススメです。

STIとはシマノ トータル インテグレーションですね。
ちなみにデュアルコントロールレバーとも言われています。

ちなみにカンパニョールはエルゴパワーコントロールレバーという名前です。

ブレーキワイヤーは摩耗してなかったのですがブレーキワイヤーも交換した

ブレーキワイヤーの挿入方法もやり方があります。

bure-kiwaiy-.jpg

要するにレバーを引いて内側にレバーを倒す。
こうしないとブレーキワイヤーの通り道が狭いので入らない(入りにくいと)ことになります。
実際何度もやりましたがコツがいるようです。
なんだかんだやっているとワイヤーがささくれてやばくなりますので古いワイヤーを使ってどういう道ができているのか確かめるとよいでしょう。

ブレーキのワイヤーを通す穴

IMG_3857.jpg

そしてこいつもレーバーを引いてひねって入れないといけないのでボロ雑巾で固定して
両手が使えるようにして挿入しました。
この方が入れやすいです。

IMG_3856_20120729143056.jpg

この作業は始まってから終わるまで3時間は余裕で掛かりました。
その理由は初めてということもあるからですね。


というわけで長くなったので今日はここまで。

明日は断線しない対策とバーテープに関して考察などを書きたいと思います。



本日走行距離 27km 7月走行距離 997km

関連記事


リンカーンロードバイク買取


| CARRERA MAMAYAMA | COM(7) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。