05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2013-09-02 (Mon)
こんばんは

今日は105 SPD-SL ペダル 分解をしてみました。
ちなみに105もアルテグラ(カーボン素材のペダルはこの工具ではない)も片面SPDペダル(PD-A530)
それは後ほど

この雨 あの雨 どこの雨
というか雨ばっかりで自転車には乗れません。


この夜長にわざわざペダルの分解をすることがよかったのか悪かったのか?
ということで
どうもペダルがゴリゴリ言っているような気がするし
ペダルを変えたらそのゴリゴリがなくなった

原因はペダルにあると確証したんです。

IMG_0004_20130902214534ef5.jpg

でもねこれ5ヶ月(約4500km)くらいしか使ってないんですよ。
初期不良的な感じですのでシマノに問合わせて交換などあるのか?
考えましたがこれをネタにしないともうこういうチャレンジとメンテのチャンスを失うのも勿体無い。
これでうまくできればほかのペダルメンテも難なくこなせるということで

今回は授業料として犠牲になってもらいました。

原因がわかった時点でこの工具は買ったが

これやすい工具なんでこれだけ買うと送料がもったいないということで

ペダルメンテをしようとする人はこれを何かのついでに買っておいたほうがよい。

IMG_0005_20130902214702f1a.jpg

更にはコイツを掴むための大口径のモンキーレンチを買っておいたほうがよい。
でないと外れないわけでw
工具の径を図ると35mmなので36mmが使えるモンキーが必要です。
TL-PD40 ペダル用ロックブッシュ戻し工具





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ人気ブログランキングへ
↑   ↑    ↑
クリックして頂ければありがたいです。。











さて工具は揃っていたんで分解するも・・・・・

ここに来てスパナが必要だとここまで分解してわかる始末・・・

IMG_0016_20130902215351bf8.jpg


急遽ホムセンに直行して

7mm と10mmの薄型スパナを購入。

このベアリングはホイールをメンテした時と同様の構造なのですぐにわかった。

ネジを緩めて見るとベアリングが出てきた

IMG_0018_20130902215518bdc.jpg


小さいのでなくさないようにね

内側外側とも12個の球があります。

でほとんど分解した状態に

IMG_0021_201309022156197a5.jpg


グリスが黒ずんでいるがまだグリスの役目はあります。

ほんでもってパーツクリーナーで脱脂

IMG_0014_2013090221574438d.jpg

すべての箇所をパーツクリーナーできれいにしました。


分解するのは工具さえあれば簡単です。

で玉当たりの箇所の虫食いや玉が傷ついているかと思ったんですが
綺麗なんです

IMG_0023_20130902221820128.jpg


ではなんで?

疑問は残りますが


とりあえずこれから組み付けです。
難しいのは玉当たり調整です。

ホイールではまぁまぁ経験はありますがペダルでは今回初めて

仕組みを考えながら組付となりましたがやはり初めてということでもたつきましたが

組付の記事はまた後日・・・

ですがちらっと書きますと明らかに回転が良くなりましたよ。

友達が言ってた通りになりました。
ということは回すやすくなってしまうのだろうか?
実走編は雨のためまだまだ先の話となりそうです。

                                   つづくw







関連記事


リンカーンロードバイク買取


| メンテナンス | COM(4) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する