09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リンカーンロードバイク買取


| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2013-10-04 (Fri)
こんばんは

いや~~フラペで気楽な格好で自転車に乗るって疲れいますね。

何が一番疲れるかというとやはり坂ですね。
踏むしかできないフラペで乗るとめっちゃしんどかったです。


どうしてそんなことをしたかはタイトルでお分かりのように安価よりで明るいライトを
結構な方が期待しているわけですよね。

もちろん1万円オーバーのライトはかなり明るいことはわかりきっているわけですよ。

明るすぎるライトは連続使用時間が短いわけであります。
そういうところでも連続しようが長いものを期待するわけですよ。

2年前猫目さんが頑張って?出した

EL540ですが猫目さん頑張ったと思いました。
それでも照射範囲が狭い、でかい、落とすとそのまま使い物にならない状況になることがある。

ここらあたりがネックでした。
連続使用時間が長い 電池交換で使える手軽さ 何よりも明るかった

で今年の秋に登場した新製品に期待するわけですよ。

ということでポチっちゃいましたよ。

こいつを
HL-EL460(VOLT300)

IMG_0022_20131004204622db1.jpg



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ人気ブログランキングへ
↑   ↑    ↑
クリックして頂ければありがたいです。。


早速開封してEL540と比べてみました。

まず大きさが気になりますので

上から

IMG_0030_201310042049375d4.jpg

横から

IMG_0029_20131004204938868.jpg


大きさが小さいのがとても素晴らしいですね。
EL540の本体がでかすぎてちょっと敬遠されていた人もこの大きさなら納得でしょう。

EL540は落としてしまうと運が悪いと壊れる恐れが大いにあるんですが
このEL460は落としても壊れないそんな安心感はありますね。

まぁ外見がプラスチックとアルミでは違いがありすぎますからね

質感もEL460の方がとてもいい

重さはEL540は200g EL460は120gということなんで軽くなっていますね。

さて実際に夜走して使ってみました。

まずHiどうして動画で比較してみました。

ちなみに今回このような感じで撮影してみました。

IMG_00441.jpg

動画はこんな感じです。



どちらもHiで撮影です。




540は台形に照射するのに対して460は丸形に照射されています。
明るさの範囲はEL460の方が広範囲 その分明るさが分散された感じがします。

ただ肉眼でみると照射範囲の広いEL460の方が見える範囲が大きいので走っているときは安心感が大きい
これは実走でも同じ印象であった。

下の画像でもわかるように中心部の明るさはEL540の方が断然明るいこともわかった。

ちなみに画像はシャッター速度 絞り WBを一定にしての比較です。

EL460 Hi

IMG_0032_20131004211418d17.jpg


EL540 Hi

IMG_0033_20131004211420f19.jpg


このHiの状態でEL540は
使用時間: 点灯 (ハイ): 2時間 点灯 (ロー): 9時間 点滅: 30時間

Hiの状態でEL460は
使用時間 点灯(ハイ): 約3時間 点灯(ノーマル): 約8時間 点灯(ロー): 約18時間
ハイパーコンスタント: 約11時間点滅: 約60時間


Hiの性能は十分わかった。

2時間(540) 3時間(460) 
しかし
ローでは 9時間(540) ノーマル 8時間(460)
(-.-;) EL540の方が長く使える・・・

照射範囲が広いことなおかつ明るいので断然EL460の方がいいですね。

それでは同じ明るさくらいであろう
EL540(Low)とEL460(ノーマル)

動画ではこうです。

左EL460 右EL540



真っ暗だとどちらも使えました。

Hiと比べるとややくらいですがまぁ問題なく使えるでしょうね。
ただ、下り坂はHiで使うのがベスト

最後に460の(上から)ハイ ノーマル  ローの画像

ハイ

IMG_0038_20131004212541823.jpg

ノーマル

IMG_0039_20131004212543b48.jpg


ロー

IMG_0040_201310042125446d8.jpg


総評として

460は落としても壊れにくそうだ。(540はすぐ壊れる可能性がある=過去に4度落として2度破損)
小さくて軽いので460がいい
ハンドルの下に吊るすようにしてセッティングできるので460のほうがよい
照射範囲が広いのでよい。
できればどちらもHiで使いたいがノーマル(460)ロー(540)でも使えるのはよい

460の使い勝手の悪いところ
ボタンを押して明るさを変える=
ハイ→ノーマル→ロー→フラッシング→ハイなので
ノーマルからハイにしようとするとボタンを押す回数が多いのがめんどくさい。
ちなみに540は
ダブルクリック見たいな感じでボタンを押すとフラッシング
ボタンは基本ハイ→ローの順送りなので使いやすい。



乾電池タイプでないので緊急時困る恐れがあるがカートリッジバッテリーを携帯するなら問題ないことではあります。
出先で充電できなければやはり電池式の方が便利であることには変わりない。

そして460のローですが使う要素がどこにもないように思えます。
作らなければよかったのにと思います。(ボタンを押して明るさを変える点でもローがあるためにボタンを押す回数が増えてしまう)

ということで私がおすすめするのは用途的にやや方向性が違うが

EL460をおすすめしますよ


あ!そうそう充電回数が300回という点がネックだと思う人もいるかもしれませんが
そのくらい使うと結構元をとっていると思いますしかなりの年数使えると思いますので問題視することがらではないと思います。

そしてブラケットですが540のブラケットと460のブラケットは互換性ござんません ・・・・・orz


しかし、EL540もおすすめできます。だって台形部分は完全に明るさは460より優ってますからね。
ただね~大きいし重いしとなるとねw







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ人気ブログランキングへ
↑   ↑    ↑
クリックして頂ければありがたいです。。



関連記事


リンカーンロードバイク買取


| 自転車あれこれ | COM(10) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。