05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2013-12-16 (Mon)
こんばんは


メンテするだけの時間ができたことと外はとても寒いことでやる気になった。

シャマルウルトラのハブメンテ 分解 組み付けをやってみようということになった。

基本構造はユーラスでもゾンダでも同じと思えます。
そして当然?フルクラムもほとんど同じような感じです。

さて

フロントのハブメンテ、調整などはこちら
↓   ↓   ↓
カンパニョーロ シャマルウルトラ ハブメンテ フロント



今度はリアです。

リアとフロントの違いはフリーボディーがあるかないか?
その他はほとんど同じ。

やることも同じです。

ですがまずフリーボディーを外す必要があります。
これはどのメーカーでも同じ作業。

画像がありませんが

5mmのアーレンキーを差してモンキーレンチで固定を外していきます。
ここは逆ネジなので注意が必要かもしれませんね。

*逆ネジとは上から見て左側(反時計回り)で締まる 緩めにには右側(時計回り)で緩む

フリーボディーを外せました。

IMG_0054_20131213140938c25.jpg

えらく端折ってますが ボディーと羽根とそれを固定する針金の輪

この輪っかを外すのにちょっと神経使いました。
ここが真円でなくなったりすると普通に動かなくなりそうで怖かった。

3枚の羽根を抑えると針金が浮くので浮いているところが針金の端っこになりますのであまり引っ張らないように徐々に外していけば問題ないです。

で汚れをとって脱脂できるところは脱脂して(フリーボディー本体には脱脂の液体が入らないようにするべきで慎重に)組み付けます。

IMG_0055_20131213141515f6d.jpg


羽根の上下は関係ないですが組み付ける時その形状に合わせれば上下など関係ない訳


針金にはL字に曲がっている端がありますがこれはフリーボディーに引っかかる穴があるのでセッティングする時には穴に入れてから徐々に溝に入れていけば良いわけです。

画像では羽根も針金も抜き取ったあとです。これから羽根を所定の位置において針金の先を穴に挿入して溝に沿わせてセット完了です。

IMG_0056_20131213141827627.jpg

針金がちゃーんとセットされれば羽根が開いた形となります。

ここまでがフリーボディーのメンテ終了です。

セットするときはホイールが回る方向に回しながらハブに入れていくとはまります。
それを知らなかったので先の尖った金具で羽根を抑えながら入れちゃいました 汗


さてリアの分解です。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ人気ブログランキングへ

↑  ↑  ↑
クリックして頂ければありがたいです。。







まず外して

IMG_0059_20131213113931ada.jpg

それから玉あたり調整パーツを外して

IMG_0060_20131213114803607.jpg


玉押さえと 押さえを固定する金具をとります。

IMG_0082_20131213115344f52.jpg

がここで思っても見ない現象が
フロントはそんなに力を入れなくてもドライバーで外せたのに
リア側は外れない。

もちろんあまり力を入れすぎるとパーツ破損しないかと思えたので外すためのトルクがかかってなかったんでしょうね。

外せなかった時よりも更にトルクをかけると
パキってそんな音的感触、感覚でうきました。

ちょっとビビっちゃいましたがこれで普通に取れました。
使用期間、距離が長いと固定がしっかりしているため外れにくくなっているのかもしれません。


その後はシャフトが取り外せるようになり

IMG_0062_20131216173817ec2.jpg


防水シールとベアリングを指先に引っ掛けて外します。(ほぼ抵抗なく外せる)

IMG_0063_20131216173927dd7.jpg


その後防水シールやベアリングなどを綺麗にして(汚れたまま)

IMG_0065_20131216174224b84.jpg

こちらもきれいにして

IMG_0067_2013121617432414f.jpg

グリスを塗って

IMG_0088_2013121312450332d.jpg

ベアリングを先に入れて防水シールをその上から抑えながら所定の位置(溝)に入れ込む。
(防水シールは裏表あるので銀色っぽいほうが内側になるように)

バラした時と逆の手順でやればOK

フロントでも書きましたが玉あたり調整はここでは行わず

フレームに取り付けてガタがあるかないかを確かめ
ガタつかないギリギリで固定ですね。

IMG_0060_20131213114803607.jpg

ガタがあるかないかは自転車を10cm暗い上からポンポンと何度か落として手で左右にホイールを揺さぶる。
ガタがあるとカツカツ動く感じがあります。

カンパなどは比較的メンテが楽ですね。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ人気ブログランキングへ

↑  ↑  ↑
クリックして頂ければありがたいです。。



関連記事


リンカーンロードバイク買取


| メンテナンス | COM(0) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する