05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2014-05-06 (Tue)
こんばんは

ポジションは非常に重要で
乗っていて痛みが出たりするのはペダリングも悪いとは思うがフォームでありポジションがあっていないからだと最近
特に感じてしまう。

自分がそうだからです。

ちなみに自己責任ですのでこの限りでないということをご理解していただいた上で読んじゃってね。


お店でポジションを出してもらっても乗っているうちに変わるのは当然。
そのまま乗っていると乗りにくいバイクになってしまうわけです。

最近乗ってないバイクを今回乗ったのですが乗りにくい

どうやらハンドルが近いようだ。
これは後でわかった事なんです。

現象としてはお尻が痛い。前が窮屈に感じる 手のひらが痛くなる。

で良く乗っているロードバイクと今回乗ったロードバイクのサドル先端ーブラケットの長さを測ると
1cm以上違う

うーんどうしたものか?

あいにく今ついているステムより1.0cm長いステムもなく・・・

下ハンも握りにくい感じなので

ハンドルを前に傾けてみる。

そうするとSTIは遠くに移動するのでこれで疑似体験できるわけよ。

ただSTIも前に傾くので握りにくくなる

が今より長いのがよいかはこの方法でも体感できる。

手前にしゃくれば高さが上がるのでステムのスペーサを調整して下げる。

前に傾ければ当然ブラケット位置は下がるので調整してあげる。

という訳でいい感じになった。

サドル先端からブラケットの位置が1.0cm伸びた感じ。
なおかつ下ハンも握りやすくなっているのでOK的

だがSTIが握りにくいしまだ短いので

ブラケットを動かしてみる。

ということでこれらの道具が必要かと。

5mmの六角レンチ あとはケーブル類を固定するためにビニールテープとはさみであるよ~~

IMG_0090_R.jpg

ブラケットを動かしたり、ステムのねじも緩めたり、ステムの位置を変えたりするので面倒である。
もちろんバーテープも解かないといけない。

これは今後のためになるのでやってみるべきである。

簡単に冒険してステムを買うとお金が発生するがこの方法だと無料。
もちろんバーテープは再利用。(状況によっては交換が必要ですが・・)

簡単なことですがここに6角レンチを突っ込めば好きな位置にセットできる。

IMG_0092_R.jpg

IMG_0093_R_20140505201244b35.jpg

両方を同じ高さにするのも難しいがそれはインスピレーションでもええねん。
意外と同じ高さになるよ。とはいっても結構神経使ってやるようになる。
が乗ってみると遠さや高さがわかるのでそれで調整してもOKかなと

結局私の場合
ハンドルが今使っているものよりもしゃくっていたのでハンドルを送ってやって
ブラケットの位置変えて1.5cmの差がなくなったあるよ。

結局ステムを買わなくてもよかったという事例でございます。

ということで1cmくらいならこんな方法でどうにでも疑似体験できます。

手間は掛かりますが色々試すことも出来るのでこの方法を試してからステムの長さを検討しても良いと思いますよ。

結構ステムって高いですからね。

予断ではあるがステムの長さが1cm刻みだけどステムの角度があるように
純粋に1cm長くなるわけではなく8mm程度で角度が大きいほど高さも高くなるし短くなる。

サドルを3mmあげると純粋に1mm弱くらいサドルが後退するわけよ。

シートチューブの角度が70度くらいついているからね。

butyu-.jpg


とにかく自転車のポジションが決まると快適になるわけよ。
だからどんどんいじるべきよ。
ちょっとつつくだけどめっちゃかわるからね。

結構サドル高やステムの長さは気にしてもドロップハンドルとSTIの取り付け角などは気にしないというか
めんどくさい場所であるのでやらないことが多いし

私もつい最近までそうだった。

自分の自転車を自分色に染めちゃいましょう。
個性を出しましょう。

こうじゃやないといけないって所はそんなにないと思う。

人間だって個性があるから楽しい。
そんな人間が乗っているんだから同じじゃつまらないからね。

というわけで絶対じゃないけどトルクレンチは必要ね。

例えば4点締めのステムですが

対角で締めていくのは良く書かれているが

最初に締めたところを最後にもう一度同じトルクで締めると結構回る。

結局締めなおさないと緩みの原因になるからね。

ステムって大事なところだからトルク管理はしっかりしたいよね。

安物のトルクレンチも信じすぎてもだめ。本当のトルクが掛かっていないこともあるからね。
ぼきの場合はゆるめにしている。それでも緩んだことはない。
多少ゆるくっても(もしかしたらきつく締まっているかもしれない)同じトルクで固定していると緩まんわけよ。

色々書いたが結局お金で解決するよりも

どんどんいじっちゃいましょうということです。
いじれば後々その経験が生きますからね。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ人気ブログランキングへ

↑  ↑  ↑
クリックして頂ければありがたいです。。



関連記事


リンカーンロードバイク買取


| 自転車あれこれ | COM(2) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する