08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リンカーンロードバイク買取


| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2014-05-23 (Fri)
こんばんは

昨日はタイヤを交換しました。

これだけ削れていればタイヤが設置するところは台形になっている。

IMG_0115_R.jpg

まぁこれは使いすぎ
と言うよりもジテツウで使うからよいと割り切っている。

さて交換して今日の朝使ったわけですが

一番最初に気づいたことは

転がりがよいことに気づく。
その他では荒れた路面でごつごつと振動を拾っていたが
角が取れた振動が伝わってくる
音で言うならぼよんぼよん そんな感じである。

IMG_0117_R_201405232048343c1.jpg



23C→25Cにして乗りやすくなったとかあまり感じない。
逆にぼよんぼよんして気持ちが悪い感じもする場面がある。
路面がよければ差ほど変わりない。

転がり抵抗の話ですが

25Cのほうが太いので同じ空気圧なら変形しにくいので転がり抵抗が少なくなると
あちこちで書かれている。

転がり抵抗が少なくなって進む感じがするのはそのせいかのかと思ったが

よくよく考えてみるとそれだけではない。

一番の違いは
新しいタイヤはセンターが削れておらず
古いタイヤはセンターは台形になる。

接地面積が台形よりもセンターがマルのほうが小さくなる=転がり抵抗は少なくなっているからだろうと感じる。

やはりこういうものは新しい23Cと新しい25Cで比べてみないと本当の違いはわからないが
果たして違いがわかるのだろうか?

今回は古いタイヤと新しいタイヤだから違いがわかりやすかった。

昔は知ったげに乗り心地が良くなったと書いたと思うが・・・どうだったのだろうか?

今回は転がり抵抗が少なくなって進む感じのほうが気になった。

と言うことで今書いたことは本当にあっているのかどうかは私が感じたことだけのこと

しかし、これが正しければタイヤが7000kmも使って長持ちしたって喜んでいる場合ではないかもしれない。

同じように漕いでも台形になったタイヤと新品に近いタイヤではロングになればなるほど疲れかたも速度も変わってくるのではないかと思えます。

まぁそれでも出来るだけお財布にやさしいように使いたいですけどね。

25Cが23Cより転がり抵抗が軽い理由がわかりやすく書かれています




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ人気ブログランキングへ

↑  ↑  ↑
クリックして頂ければありがたいです。。



関連記事


リンカーンロードバイク買取


| タイヤ&チェーン&パーツ交換 | COM(3) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。