09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リンカーンロードバイク買取


| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2016-04-15 (Fri)
こんばんは

今日はお昼まで仕事でそれからはFree

ということで楽しみにしていたのですが家の周りの草がぼうぼうになる前に

むしっておいた方が後々楽であるので

涙を惜しんで草むしり

そのあとでも走れるよって思っていたのですが

ふくらはぎを壁と棒で挟んでしまい名誉の負傷

なんでそんなふうに なるんだと言われてもなってしまったものは仕方ない。

夜になるにつれてだんだん痛みが増してくる

なんだかな~~

ほんと運がないですよね。

足の痛いですが伸ばすときは問題ないのですが引き上げるとき
痛みたピークになります

これじゃ明日普通に走れんなって感じです。

残念

さてここ最近坂を上るようにしています。

平地ばかり走っていたら平地はそれなりに速くなっているのですが

坂はじぇんじぇんダメで足をつきそうな勢いです。

なのでジテツウで坂錬してます。

何のためにしているのでしょうか?

最近は目的意識もなく時間があってもどこかに行こうと思えない。

しかし、近場に坂や山はたんまりある。

ちょっとした時間で苦しく楽しめる坂がストレスというか自己満足を満たしてくれることに気が付いた。

これで坂をどうやって苦しまずに走れるかってところに趣が行く。

坂を取り入れた時からネットでいろいろ調べたり考えたりした。

前からわかっていることに半信半疑を抱いていた。

それじゃタイムは短縮しないと思えていたからだ

所謂 マイペースで登り=オーバーワークにならないという点である。


マイペースと書くと結局頑張らない走りに聞こえるが

そうではなく息が上がって呼吸が乱れすぎない負荷で呼吸でリズムをとる上がり方かな

自分はそうしている。

呼吸も吐いて吐いて吸ってを繰り返しながらこの呼吸法が続かなくなったときに

オーバーペースになっているとのではと考える。

実際やってみるとこの呼吸法が続けば最後までたれずにもち

最後の力を出して追いきることもできる感じである。

最初からガンガン行ってオーバーペースになってからは全く登れなくなる。

今まではそうだった。

そんな走り方をしていると結局それだけでオーバーワークになり回復も遅れる感じがする。

上りはほっておいても負荷がかかるのでペースを乱さず一定のトルクで上がるのがベストなのかな?

そうやって上っていると徐々トルクをかけても耐えられるようになりそうな気がする。

もう少しやってみないとわからないけどね。

まぁこれだけじゃない訳で

私の場合は踏むじゃなくってできるだけ回すという踏み方で上がる方が疲れにくいと感じる。

これも最近わかってきたので続けていけばさらに良い結果を得られる感じがする。

とにかく同じコースを何度も試してその都度少しずつ変化を与えてどれが良いのかを

やってみる事が近道な感じですね。

平地ばかり走っているとどうやっても坂みたいに一定のトルクを出す走りはなかなかできない(信号や道路状況)こともよくわかった

坂を上るのは楽しくはないがしんどくってもうやだって思わないレベルでアガレルヨウニナリタイドエス

にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
↑   ↑   ↑
クリックしていただけるとありがたいです。





関連記事


リンカーンロードバイク買取


| 自転車あれこれ | COM(0) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。