FC2ブログ
09≪ 2019/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2008-10-18 (Sat)
セマルハコガメが産卵をしたのが7/20です。
例年より遅い産卵となりました。
結局1クラッチで終わってしまいました。

管理方法はプラケにミズコケを敷いてその上に卵を置く方法です。
DSCF3340.jpg
すべて白濁しているので有精卵です。
DSCF3341.jpg
通常常温で孵化させますがわたしも常温ですが常に26~27度がキープできる部屋での管理です。

通常温度が高いと孵化までの時間は短いですが低温ですと孵化までの期間が長くなります。
ということで私の卵の管理では3ヶ月かかってしまいます。

そしてそろそろ3ヶ月目です。
良く見ると卵の下のほうがヒビだらけで今にも出てきそうです。
そういう状態が2日続いたので心配になって
やってしまいました。
これはタブーとされていますが時には助けることもあるのですが・・・
通常手を出してはいけないことです。

私は卵がひび割れたのでむいでしまいました。
DSCF3612.jpg

殻をむくとその内側に薄い膜がまだありました。
それすらも裂いてしまいました。
ヨークサックはまだ小さくなっていませんでしたがこうなったら出すように仕向けなければならないといけないなって感じですが写真を撮ってしまいました。
DSCF3613.jpgDSCF3614.jpg
透明のゼリー状には血管が走っていました。
足も出てきました。
息が出来ないといけないと思い顔も出るようにしました。

そこまではやってしまいましたがこれからはセマルの生命力にゆだねるためもどのように戻しました。
DSCF3615.jpg
後2日後くらいには出てくると思います。
思ったよりヨークサックが小さかったので安心はしています。

元気に出てこいよ!!
応援してください。
クリック一蹴り
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ




関連記事



| セマルハコガメ | COM(6) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する