FC2ブログ
11≪ 2019/12 ≫01
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2009-01-29 (Thu)
すっかり自転車ブログになりつつある感じがありますが
ちゃんとカメを飼育しているぞって言うところを書かないといけません。
何といっても毎日エサを与えカメの様子をうかがいこれでいいのだろうか?と思いながら飼育していますからね!!


ということで昨年キボシの耳が腫れてしまったので切開しました。
その後もっとひどくなったか?あるいは治ってしまったか気になりませんか?
ということで結果報告です。

その記事はこちら

ということでその時期のキボシですが
左が12/21 右が1/28です。
DSCF4171.jpgDSCF4517.jpg

画像向かって右は完治、左は手術前より腫れが小さくなっています。
完治とまでか行きませんが時間の問題です。

そしてなんとなく分かってきましたので治療方法を書きます。
急に耳が腫れてきたときは抗生剤&ステロイド入りにリンデロンを耳に塗布すると耳の腫れは収まると思います。
長い間放置して耳が腫れた状態であれば排濃するために切開をお勧めします。
リンデロンもステロイドが入っていますので使い方が重要です。
とりあえず5日間連続で1日1回塗ります。
その後1週間は塗らないで管理です。
その際水につけて管理してもいいですがやはり耳を水につけないほうが良いと思いますのでミズゴケやヤシガラを水に湿らせて30±2度で管理すると腫れは治まり引いてくると思います。
というわけで現時点のほかの角度の耳の状態です。
DSCF4518.jpg

左の耳を良く見てみると切開したところがまだ開いたままになっています。
DSCF4519.jpg

耳の下のほうに少し赤くなっているところが切開した場所です。
これも時間が経つと完全に直ります。

耳が腫れるのは環境の変化や温度変化などがあると思います。
私はキボシは飼育しにくいと散々書いてきましたが良く考えるとポイントさえ押さえれば難しいことはないと思います。
ここ最近キボシを飼育することは簡単になってきました。

もちろんベビーのときは皮膚病(水カビ病)になりやすいですが見つけたら感想気味に管理すると2日で治ります。
水カビ病は普通に起るものだと考えれば怖くありません。
すばやい対処をすれば問題なしです。

今まで飼育してきて思ったことはやはり温度管理が一番重要だと思います。
この温度さえ守っていればエサ食いもよく簡単に管理できると思います。
水に真剣も使ってやるためにこまめの水換えも必要なのかもしれませんが私はそんな風に管理していないので水での心配はないというわけで・・・・・・・・・

最後まで読んでいただきありがとうございました。
クリックしていただけるとうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村

やっとカメねた書きました。
書けかなったわけではないのですが日々管理に追われて更新できませんでした。
また書きますのでまた読んでくださいね!!
関連記事



| キボシイシガメ | COM(6) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する